施工実績

土木部門

補助公共 社会資本総合整備
(防災・安全)(交安)

着工前

完成

工事概要

竣工 平成29年10月
工事延長 L=70.5m

富岡・甘楽地区新高校整備事業
弓道場防矢ネット設置工事

着工前

完成

工事概要

竣工 平成29年9月

平成29年度(ゼロ市債)
山崎川・四反田川 浚渫工事

山崎川着工前

山崎川完成

四反田川着工前

四反田川完成

工事概要

竣工 平成29年8月
切土工 L=1586.4m

補助公共社会資本総合整備
(防災・安全)富岡
大橋耐震補強工事

全景着工前

全景完成

着工前(上流側より下流側を望む)

完成(上流側より下流側を望む)

工事概要

竣工 平成29年6月
P1橋脚 RC巻立て V=26.2㎥
P1橋脚基礎 増厚・拡幅 V=87.2㎥

平成28年度 市道3319号線
道路改良工事

着工前

完成

工事概要

竣工 平成29年5月
工事延長 L=196.7m

新富岡大橋(分割3号)

着工前

完成

工事概要

竣工 平成28年4月
橋長・幅員 L=53.7m W=11.53m

市道付替橋梁上部工(渋川土木)

着工前

完成

工事概要

竣工 平成28年3月
橋長・幅員 L=22.50m W=8.00m

新富岡大橋(分割1号)

起点側着工前

起点側完成

下流側着工前

下流側完成

工事概要

竣工 平成27年10月
橋長・幅員 L=66.0m W=11.53m

頂寺山線開設工事

着工前

完成

工事概要

竣工 平成27年3月

大桁山治山

着工前

完成

工事概要

竣工 平成26年12月
渓間工 谷止工 L=20.5m H=6.5m V=231.1㎥

新富大橋耐震補強工事(P2)

着工前

完成

工事概要

竣工 平成26年10月
RC巻立工 コンクリートV=93.7㎥
中間貫通鋼棒工 N=70箇所

西毛広幹道富岡工区

富岡市上高尾地内

この工事は、群馬県の計画する広域幹線道路の中の西毛地区を県央まで結ぶ広域幹線道路として、主要地方道前橋安中富岡線のバイパスとして建設しています。

土工事

完成

工事概要

土砂掘削 85,000㎥
岩掘削 90,500㎥
盛土・残土処理・排水工 一式
竣工 平成24年4月

補助公共道路改築事業
(国道)(仮称)
松谷第2トンネル建設工事

群馬県吾妻郡東吾妻町松谷地内

この工事は八ッ場ダムの建設に伴い沈没しています国道145号の付け替え工事の一部で、松谷部分のトンネルで施工延長約800mの工事です。

起点側坑口(No.437+2.0)着工前

起点側坑口(No.437+2.0)完成

終点側坑口(No.477+17.0)着工前

終点側坑口(No.477+17.0)完成

工事概要

竣工 平成20年10月

通常砂防(荒廃)事業

鏑川支川 なぎの沢 富岡市諸戸地先

この事業は、荒廃した河川の上流区域において、水源山地から流出される土砂を抑制及び調節することにより、土砂災害から生命・財産、生活環境及び自然環境を守ることを目的として砂防堰堤工を整備しました。

工事概要

本堤工 L=24.0m H=5.9m~9.8m V=603.2㎥
竣工 平成18年1月

高松立体切回しその2工事

高崎市常盤町~高松町地内

この工事は、国道17号と主要地方道藤木高崎線の和田橋交差点を立体化するための工事で現在の国道17号を切回す工事です。

着工前

完成

工事概要

発注者 国土交通省関東地方整備局高崎河川国道事務所
竣工 平成17年3月

通常砂防(荒廃)事業

鏑川支川 最興寺沢 富岡市南蛇井地先

この事業は、荒廃した河川の上流区域において、水源山地から流出される土砂を抑制及び調節することにより、土砂災害から生命・財産、生活環境及び自然環境を守ることを目的として砂防堰堤工を整備しました。

工事概要

砂防堰堤工 H=10.0m L=52.0m
本堤工・垂直壁工 コンクリート工 V=113.6㎥、コンクリート工 V=71.8㎥
取付護岸工 L=30.8m
竣工 平成16年11月

碓東大橋下部工事

安中市岩井地先

この工事は、国道18号安中バイパスの4車線化にに向けた工事で碓氷川はまたぐ碓東大橋の下り線2車線分の橋梁の下部工工事です。

P1橋脚、P2橋脚、P3橋脚、P4橋脚

P4橋脚、P5橋脚、A2橋台

工事概要

橋脚工P1~P5 1式
橋台工A2 V=998㎥
竣工 平成16年3月

森林居住環境整備事業

草喰八丁河原線(芳の元工区)甘楽町大字秋畑地内

森林整備の基礎となる骨格的な林道を整備することにより、山に入りやすくなり、林業機械や山に植える苗木などの運搬、植栽、下刈り、間伐、枝打ちなど森林整備の促進、木材や林産物の搬出、山火事の防止活動や消化活動などが行いやすくなりました。当該地区も基盤整備を進め、森林資源の適切な管理と山村地域の活性化を図るために整備しました。

工事概要

工事延長 L=349.0m
土工一式 14,753.0㎥
竣工 平成16年2月

県営畑地帯総合整備事業
(担い手育成型)
丹生地区第2工区1工事

富岡市上丹生地内

この事業は、畑作農家経営の体質強化を図るために、畑地の区画整理や用排水路、農道等の基盤整備を行いました。さらに担い手農家の経営安定のための、生産性向上・集落環境整備を一体的に行う工事です。

工事概要

整地工 A = 4.71ha
竣工 平成16年2月

急傾斜地崩壊対策事業
南蛇井西地区

富岡市南蛇井地内

この事業は、急傾斜地の崩壊による災害から住民の生命を保護するため、急傾斜地の崩壊を防ぐ工事です。当該箇所はコンクリート法枠と落石防止柵を整備して所期の目的を達成させました。

工事概要

施工延長 L = 81.4m
竣工 平成16年2月

立沢川大型砂防ダム工事

一級河川立沢川 富岡市野上地先

本ダムは、昭和57年から平成10年にかけて、群馬県が富岡市野上に鏑川支川立沢川に建設した大型砂防ダムです。集中豪雨時には多量の土砂が土石流形態で流下し、下流域に甚大な被害を与える恐れが多いことから、土砂災害対策としての 治水効果に併せて、満砂時までの間貯留された水は、渇水時に下流地域に供給するとともに、ダム周辺を地域住民のレクリェ ーションの場としても有効利用されており、その副次的効果をあげています。

工事概要

堤高 H=18.0m
堤頂長 L=130.0m
堤体積 V=24,452.8㎥
竣工 平成10年6月

中小河川改修事業(一般)

一級河川高田川 富岡市富岡地先

高田川は、上毛三山の一つである妙義山に水源を発し、富岡市東部で鏑川に合流する延長23.6kmの一級河川です。当該改修区間約3kmは、流下断面が狭小である事に加え固定堰も点在し、度々水害が発生しました。沿川は富岡市街地に隣接した地域であり、住宅団地、国道254号バイパス等市街化が進んでいることから、改修に当たっては、安全に水と触れ合えるような自然石や間伐材等を使用し水生生物の生息にも配慮した多自然型川づくりを基本に整備を進めてきました。

工事概要

竣工 平成7年3月

道平川ダム屋敷川
取水ダム工事

一級河川屋敷川 下仁田町大字南野牧地先

本ダムは、昭和55年から平成4年にかけて、群馬県が下仁田町大字南野牧に鏑川支川道平川に建設した高さ70m、堤頂長300m、堤体積346,000㎥の重力式コンクリートの多目的ダムです。このダムは、隣接する他の3つの流域(相沢川・市野萱川・屋敷川)に設けた取水ダムを導水トンネルにより連結し洪水調節を行うという、全国でも珍しい施設です。屋敷川取水ダムは、小規模ではあるが、洪水と低水の両用の取水をするための分水工や上流右岸の浸透性地山の漏水対策としての遮水壁など様々な技術的問題を含んだ特異なダムでもあります。

工事概要

堤高 H=16.0m
堤頂長 L=49.5m
堤体積 V=11.300㎥
竣工 平成4年

比佐理橋橋梁整備工事

国道254号 富岡市上小林地内

国道254号馬山バイパスは、富岡市から下仁田町に至る幹線道路です。この工事は、上信高速自動車道の下仁田I・Cのアクセス道路として整備を進め、さらに、交通渋滞の緩和、交通安全の確保のみならず、地域経済・産業の発展への大きい貢献も期待できます。比佐理橋は当該工区内の一級河川鏑川に架橋する長大橋です。

工事概要

橋長・幅員 L=130.0m W=6.5m(10.5m)
竣工 平成3年3月

治山事業

鏑川支川菖蒲沢 富岡市蚊沼地先

治山事業は、保安林を守り育てることによって、山崩れなどの山地災害から住民の生命・財産を守ることや森林が持つ水源のかん養機能を高めたり、さらには緑豊かな生活環境の保全等を目指している事業です。
当該箇所は、床固工及び流路工を整備して下流の住宅や道路等の公共施設並びに農地等の保全を図りました。

工事概要

工事延長 L=76.8m
流路工 L=76.8m

道路災害復旧
(地すべり防止対策)事業

(主)富岡神流線 甘楽町大字秋畑地内

地すべりは様々な要因(地形、地質、地質構造、地下水など)が組合わさって発生するため、地すべり対策工も多岐にわたっています。当該現場では、地すべりの誘因となる要因を見極め、土留積ブロックに被覆コンクリ-ト、山腹斜面にはコンクリ-ト法枠アンカー工により地すべり防止を図りました。

工事概要

復旧延長 L=35.0m 道路幅員 W=6.3~7.5m
アンカー工(PC鋼ヨリ線) L=7.0~10.5m N=18本 ΣL=155.0m
被覆コンクリート工 (t=20cm) SL=3.0~3.58m A=112.0㎡

道路災害復旧
(地すべり防止対策)事業

(主)富岡神流線 甘楽町大字秋畑地内

地すべりは様々な要因(地形、地質、地質構造、地下水など)が組合わさって発生するため、地すべり対策工も多岐にわたっています。当該現場では、地すべりの誘因となる要因を見極め、鋼管杭による抑制とロックボルト及び被覆コンクリ-トを施し地すべり防止を図りました。

工事概要

復旧延長 L=56.0m
ロックボルト工 (Φ28.5㎜) L=3m/本 N=190本 ΣL=570.0m
padetop